家事代行と家政婦の3つの違い!どちらを選べば安心なの?

by 家事ヤランヌ編集部

あなたに代わって家事を行ってくれる家事代行や家政婦には、大きく3つの違いがあります。

家事代行と家政婦の違いを理解しておけば、あなたに最適なほうを選ぶことができる他に、万が一のトラブル時にどのように対応すればいいのかが見えてきます。

今回は、家事代行と家政婦の3つの違いと、それぞれのメリット、デメリットについて詳しく解説していきます。


家事代行と家政婦の違いは3つ

家事代行と家政婦の3つの違い

「家事を代わりに頼むことができる」という意味では、家事代行と家政婦は同じですが、家事代行と家政婦には3つの大きな違いがあります。

ここからは家事代行と家政婦の違いとして、「契約内容」「勤務時間」「サービス内容」の3つを詳しく解説していきます。

1.契約内容の違い

1つ目の家事代行と家政婦の違いは、契約内容があげられます。

一般的に家事代行は家事代行サービスを提供する会社と契約を行いますが、家政婦は家政婦本人と個人で契約を結ぶという大きな違いがあります。

家政婦と契約する場合は、家政婦紹介所などを介して家政婦本人に仕事を依頼して家事を行ってもらうことが多いですが、家事代行では依頼する内容によって最適なスタッフが家事を行うことが一般的です。

しかし家事代行サービスの中でも企業によって、家政婦との契約のようにマッチングを行う場合もあります。

マッチング型の場合は、仲介手数料を家事代行会社に支払った後に、サービス主とあなたが直接契約することが一般的です。

家事代行は企業がサービスを提供することになるので、お試しプランやキャンペーン割引、定期契約ではなく必要なときに利用できるなど、依頼者にとってメリットが多いです。

一方で家政婦は1人の人と契約するので、一度「この人と契約する」と決めたら、契約が終了するまで同じ家政婦があなたの代わりに家事を行います。

2.スタッフの勤務時間の違い

2つ目の家事代行と家政婦の違いは、勤務時間です。

家事代行は1回だけ、1回に2~3時間程度と、単発・短時間利用ができることが多く、必要なときに気軽に利用することができます。

一方で家政婦は日給制であることが多く、多くの場合1日8時間の勤務を基本としているので、住み込みで働いてもらうことも可能です。

しかし近年、インターネット上の家政婦サービスが幅広くなってきたのに伴い、家政婦も家事代行のように単発・短時間利用ができるようになりつつあります。

3.サービス内容の違い

3つ目の家事代行と家政婦の違いは、提供されるサービス内容です。

家事代行は企業と契約を結ぶので、事前に家事をお願いする契約時間を決めて、その時間内にどのような家事を依頼するのかも同時に決めることが一般的です。

そのため決まった家事を、決まった時間内にしてほしいという方に最適ですが、その日の状況や都合などで臨機応変に依頼内容を変えることができません。

一方で家政婦は、家事代行と同じく契約内容に沿って家事を代行してくれますが、個人間契約なので臨機応変に対応してくれる場合があります。

例えば「おかずを作り置きしてほしい」「この汚れが今朝気になったから掃除してほしい」など、その日の都合や気づいたことによって、気軽に相談することができます。


家事代行のメリット!家政婦との違いは?

家事代行サービスのイメージ

ここまで家事代行と家政婦に違いについて、3つの大きな違いを解説してきました。
では、家事代行と家政婦のメリットには、どのような違いがあるのでしょうか?
ここからは家事代行のメリットと家政婦のメリットを比較して解説していきます。

家事代行なら、万が一の場合も損害保険に加入しているから安心

前述したように家政婦は個人間で契約するので、盗難や破損などのトラブル時に対応できる保険に加入していることはほとんどありません。

しかし企業である家事代行は、盗難や破損などのトラブルを保証する損害保険に加入しているので、万が一の場合も安心です。

家事代行なら、その他トラブルも企業が間に入ってくれる

盗難や破損といったトラブルの他に、「契約内容を守らない」「家事が雑」などのトラブルも想定されます。

この場合、家政婦は個人で契約するので直接家政婦に伝える必要がありますが、家事代行であれば担当者に伝えることで改善するように指導してもらえます。

個人間のトラブルは、裁判に発展する大きなトラブルになる可能性が高いので、担当者がいる家事代行に依頼した方が安心と言えるでしょう。

家事代行なら、気軽にスタッフを変更できる

契約してあなたの代わりに家事を行ってもらった際に、「なんとなくこの人とは相性が悪いな」と感じることもあるでしょう。

家政婦の場合は個人間契約になるので、簡単に契約を終了して新しい家政婦と契約することができません。

しかし家事代行であれば、契約はそのままでスタッフだけ変更してスムーズに次の人を探すことができます。

家政婦は毎回同じ人が訪問、あるいは住み込みで家事を行いますが、家事代行では毎回違うスタッフであることがあります。

しかし家事代行会社によって専任スタッフ制度を設けている場合もあるので、気に入ったスタッフを指名して、ずっと家事をお任せすることも可能です。

家事代行なら、最適なスタッフに依頼できる

家政婦は幅広い家事を1人で請け負いますが、家事代行は依頼内容に応じて、その家事が得意なスタッフがあなたの代わりに行います。

まさに適材適所を家事代行なら行うことができるので、丁寧で質の高い家事をお願いすることができます。

また、家事代行はスタッフ研修を行うので、一般的な主婦・主夫と比べると専門的なスキルを持ち合わせていることが多いので、しっかりと家事を行ってくれます。


家事代行サービスにご興味をお持ちいただけたかしら?
さらに詳しい家事代行サービスの解説もしておりますわよ♪

まとめ

家政婦と家事代行の違いは、以下の3つをあげることができます。

  1. 契約形態の違い
  2. 勤務時間の違い
  3. サービス内容の違い

また、家政婦は個人間契約になるので、万が一のトラブル時に対応することができないことが多く、裁判に発展する大きなトラブルになることもありますが、家事代行は損害保険に加入していることが一般的で、担当者が間に入ってくれるので安心です。

家事ヤランヌでは現役家事代行サービススタッフの体験談記事も掲載しております。
リアル「家政婦はミタ!」ならぬ「リアル家事代行スタッフはミタ!」
是非ご覧くださいませ♪

関連記事

運営会社

「家事ヤランヌ」は株式会社デジタルドロップが運営しています。当サイトについてのお問い合わせは下記までお願いします。

メルマガ

家事の便利情報はこちらからメルマガ登録をお願いします。

@2022 – 家事ヤランヌ All Right Reserved. Designed and Developed by Digitaldrop